アフターメンテナンスの有無

指輪選びでは購入後のアフターメンテナンスの内容も確認しておきましょう。アフターメンテナンスでは、ピッタリだったサイズでも体型の変化などでサイズが合わなくなった指輪のサイズのお直しや、指輪のゆがみ直し、磨き直し、クリーニングなどがありあります。他にもダイヤの石が取れてしまったり、ゆるんでしまった石留めなどはアフターメンテナンスで職人の手によって修理してもらえます。アフターメンテナンスが可能な保障期間や料金などはお店によって違いがあります。決まった期間の間のみのアフターメンテナンスもあれば、永久保証のお店もあります。

そしてアフターメンテナンスを実地されているお店では、気持ちの良いサービスや対応をしてもらえるスタッフさんが多くいるのも特徴的です。アフターメンテナンスが実地されているお店を探したいと思った時には、全国展開をしているお店や、老舗かブランドなどを選ぶと良いでしょう。全国各地でアフターメンテナンスを受けられるのは信頼感がありますし、結婚後に引っ越しをした先でもアフターメンテナンスをする事が出来ますよね。思い出深い、婚約指輪と結婚指輪には、結婚当初の二人の強い気持ちが詰まっています。定期的に、アフターメンテナンスをすれば色焦る事なく、当時の輝きのまま残し続けていく事が出来ます。

ダイヤの質に注目

一生に一度の指輪だからこそ上質な指輪を選びたいですよね。指輪に使われるダイヤの品質基準になるのが「重さ」「色」「透明度」「輝き」という4つです。良く耳にするカラット。これはダイヤの大きさではなく重さになります。1カラットであれば0.2gです。カラット数が大きくなるほどにダイヤの直径が大きくなっていきます。2016年の結婚トレンド調査で人気の高かったカラット数は0.3カラットでした。

そしてダイヤのカラーには、D~Zの23段階に分かれています。無色透明であるDが最も品質が良く価値が高くなります。Zになると黄色がかっていて品質が低くなり、価値も下がります。黄色が買ってくるのはD~Zの中のHが境になります。選ぶ時注目したいカラーグレードはG以上です。G以上であれば品質の良いダイヤを選べます。

透明度はダイヤの傷・ダイヤ内の内包物を帰順して透明度が測られます。傷がほとんどない「フローレンス」は最も品質の良い透明度になります。逆に、肉眼でも、傷や内包物が確認できてしまうのは「インパーフェクト」といって一番下の品質になります。耐久性も問題がある事の多いインパーフェクトには注意して選びましょう。ダイヤの輝きを決める大切なカット。最も品質の高い順かから、Excellent・BerryGood・Fair・Poorの5つに分かれています。

1人で選ぶか2人で選ぶか

婚約指輪、結婚指輪どちらも購入する時には大抵の人が初めての経験になるので、わからない事があるのは当たり前です。もしプロポーズが済んでいるカップルであれば、二人一緒にジュエリーショップへ探しに行きましょう。二人一緒に行くメリットは、なんといっても確実に女性の好みのデザインの指輪を見つける事が出来るという点です。そして探しながら気になる指輪はどんどん指にはめて試していけるのでサイズが違ったというハプニングを防ぐ事が出来ます。

今度のプロポーズの時に、サプライズで指輪を彼女にプレゼントしたいという男性であれば一人で探しに行きましょう。本来は男性が一人で選ぶものとも言われていますし、忙しい中で時間を作り迷って選んだ指輪には、彼女との結婚への決意も感じられ、受け取る女性にも必ず伝わります。男性が一人で指輪を探しに行く場合、きちんと彼女が喜びそうな指輪を選べるかと不安になってしまう方もいるかと思います。

ジュエリーショップの店員さんにアドバイスを受けると良いでしょう。彼女の普段の服装や好きな色などを話せば、彼女の好みに近いデザインの指輪を探してくれて提案してくれます。予算や、わからない事はどんどん相談して納得できる指輪を見つけましょう。

婚約指輪・結婚指輪購入のポイント

婚約指輪と結婚指輪と、結婚を考えた時に用意したい2種類の指輪があります。婚約指輪も結婚指輪もペアリングが基本です。人生の一大イベントでもある結婚を記念して、二人の将来を誓う証として、きっと特別な思いで選ぶ方も多く、どんな指輪か良いか迷ってしまうことだと思います。迷いすぎてしまって予定している予定している結納、結婚式までに間に合わないという事が無いように、結婚が決まったら時間に余裕を持って選びましょう。買った指輪をその日に持って帰れる場合もありますが、例えばサイズの変更や日付・名前などを指輪に刻印した場合などには、手元に届くのは後日になります。

平均的な婚約指輪は平均30万円、結婚指輪なら20~40万円の幅があり、一つ10~15万円、ペアで10~30万円程になります。予算を立てたら、さっそく指輪選びです。ポイントになるのは指輪をはめる本人達の好みに合わせたデザインの指輪を選ぶか、それとも憧れのブランドが前からあったという方であればブランドの指輪を選ぶかのどちらにしたいのか2人の気持ちや考えを事前に把握しておきましょう。一生に一度の大切な指輪なので、自分の好みとは正反対のデザインだったりすれば残念な気持ちになってしまいます。

もう一つのポイントになるのが冠婚葬祭など特別なシーンでのみ指輪をつけるのか、日常的につけたいのかも確認しておくと良いでしょう。日常的につけていたいのであれば、普段のサイズより若干小さ目のサイズを選ぶのがポイントになります。シャワーや家事などの洗剤・シャンプーなどで指輪が外れてしまうのを、防ぐ事が出来るからです。ポイントをつかんだらさっそく下見へ行きましょう。2人一緒に下見へ行くべきか、夫となる男性が一人で行くべきか、どちらの方が良いのでしょうか?